メニュー

合い掛け布団と肌布団

合い掛け布団と肌布団の違い

 端境期の終わり始めとに使うのが肌布団です。 春になり冬用の布団から合い掛け布団に入れ替え、更に暖かくなって合い掛け布団でも暑く感じられた頃に肌布団を使用します。 秋はタオルケットでは寒く感じられたら肌布団を使い始め、更に寒く感じると合い掛け布団に入れ替えて使用します。

肌布団の特徴と品質

 肌布団は、タオルケットより保温性に優れた掛け布団です。保温力の点からは夏用の掛け布団と同じ程度です。ただサイズは冬用の布団と同じ大きさです。 適度な保温力と通気性、更に吸湿性と放湿性を合わせ持つ掛け布団と言えます。ただし価格に応じて品質差は出ます。冬の間は毛布代わりにお使い頂く事もできます。

 肌布団の保温力と通気性とは、適度な保温力を持ち蒸れ感が軽減する程度の通気性があることです。肌布団を単体で使用する季節は真夏の前後です。 真夏に使用できないわけではありません。エアコン等の冷気から守る為に使用することはあり得ます。 ただ肌布団は単体では暑い季節に使用することが多く、どうしても蒸れ感の軽減が求められます。そこで素材としては通気性のあるものが好まれます。

 肌布団の吸湿性と放湿性は、肌布団の名前からご理解いただけると思いますが、パジャマ越しですが体に直に接する布団です。 一晩で体から出る水分はコップ何杯かとの説もあります。吸湿性と撥水性に優れた素材が理想的と言えます。

 肌布団は体に直に接して使用する為、カバーを掛けることは当然必要です。しかし、どうしても汗ばむ季節に使用することからウォッシャブルな素材のものがお勧めです。 最近ではウール、シルク繊維のものでも洗えるタイプの肌布団がございます。

肌布団と寝室温度

 肌布団単体は、合い掛け布団で暑く感じられたり、タオルケットで寒く感じたときにご使用いただく布団です。 パジャマが夏用か合い向きか、あるいは敷き寝具にどのようなものを使用するかで室温との関係は異なります。 店主のこれまでの経験からすると、寝室の最低気温が22℃23℃から28℃の間が肌布団をご使用いただく気温の様に思います。 多少の温度差は個人差がありますが、パジャマと敷きパッドにより温度差が出ます。 端境期に肌布団を使用する際は、パジャマ、敷きパッドなどの素材にも考慮する必要性があります。

肌布団の充填物

 端境期の肌布団の素材としては、ウォッシャブルなウールとかシルク絹がお勧めです。 羽毛を充填したダウンケットもございますが、ただ温度変化に対応して保温力を調節することにおいては優れていますが蒸れ感があります。 ウールとかシルク絹などを充填する場合は、側生地にダウンプルーフ加工を施す必要が無いため通気性に優れた肌布団に仕上がります。 蒸れ感が軽減されるため寝床内の環境は快適になります。 充填材に羽毛を使用する場合は、温度変化の激しい端境期においては、合い掛け布団に用いた方が効果的です。

合い掛け布団と羽毛布団の違い

 端境期の終わり始めとに使うのが羽毛布団です。 春になり冬用の羽毛布団から合い掛け布団に入れ替え、夏の間は蒸れにくい肌布団とかタオルケットを使用します。肌布団に切り替え温度は23度-24度が目安です。 秋は肌布団から合い掛け布団に入れ替えて使用します。そして寝室の温度が18度-20度を目安として羽毛布団に交換します。合い掛けの羽毛の量と品質により切り替えの温度に差が出ます。 詳しくは、羽毛布団の選び方にて。