メニュー

春秋端境期の布団寝具

グース農場

 春と秋の端境期は、冬寝具では暑かったり夏寝具では寒かったりと温度調節が難しい季節です。 保温と放熱、湿度を調節して蒸れ感を軽減するかが課題です。 寝床内の温度と湿度をコントロールに優れている寝具は、羽毛合い掛けとムートンパッドがお勧めです。

春秋は羽毛合掛とムートンパッド

羽毛とムートン

 羽毛とムートン素材は、元来グースとかダック、羊が、暑さ寒さから身を守る洋服のような断熱効果に優れたものです。 気温と湿度の変化に対応して、保温と放熱また調湿する素材でもあります。 羽毛とムートン素材は、温度変化の激しい春とか秋の布団寝具として最適と言えます。

 春と秋の布団寝具は、敷き寝具としてはクッション性と断熱性の点からは硬めのマットレスが必要です。 その上に敷きパッドとしてムートンパッドがお勧めです。ムートンパッドにおいては適量の中綿が充填されている必要があります。 中綿の量の少ない場合は、ウール綿の薄手の敷き布団をマットレストの間に入れる事をお勧めします。

 ムートンパッドがご予算の関係で困難な場合は、ウール綿の薄手の敷き布団とウールパッドの組合わせもお勧めです。 少し暑い場合は綿のシーツでムートンパッドまたはウールパッドを包むと適温に保つことができます。吸湿性の良い綿シーツで包むことで空気層を作っています。 適温にするにはこの空気層が役に立ちます。

 春と秋の掛け布団寝具のお勧めは、ウールか羽毛の合い掛け掛け布団です。特に羽毛合い掛け布団は重宝する布団です。秋と春の羽毛布団の呼ぶことも出来ます。 適度な保温力があり温度調節機能にも優れているため、ムートンパッドとの組合わせでお使い頂ければ快適な寝床内環境を作ってくれます。

高齢者向け春と秋の布団寝具

 春と秋の端境期に体調を崩される高齢者の方が多くいます。特にお彼岸前後に多いように感じます。 高齢者の方は体温調節機能の低下も考えられます。 羽毛の合い掛け掛け布団とムートンパッドはお勧めですが、更に追加で温熱敷き布団を温熱モードで使用されることをお勧めします。 温熱敷き布団の(株)京都西川のローズテクニーは、温熱モードにおいて温度設定を最も低い設定にすると20度程度の熱しか出さないと言われています。 20度では暑くはなく逆に低すぎる温度です。ただ温度調節の設定しだいでは最低でも設定温度以下には下がらない使い方が出来ると考えられます。 御高齢者の方にはお勧めの寝具です。ローズテクニーは、梅雨開け位まで重宝されています。

温熱敷き布団

 温熱敷き布団は、色々なメーカーから販売されています。中でも元祖と言われている(株)京都西川のローズテクニーは有名です。 電気を使用して熱を出していますが、ニクロム線を使用せず面状の発熱体から熱を出しています。 熱の種類としては遠赤外線であり、波長が長いため体の深部に熱を伝えることが出来心地良い温もりでお休み頂けるものです。 春と秋の端境期だけでなく真冬にも暖かくご使用頂けます。冷え込みの厳しい日にも快適にお使い頂けます。

ムートンパッドとウールパッド

 ムートンパッドとウールパッドは羊の毛の保温力と調湿性を活かしたパッドです。中でもムートンに飼育された羊のムートンパッドは優れています。 毛の密度と硬さ、更に毛並みにより性能が異なります。基本的には高密度のものを選ぶことです。クリーニングは一般のクリーニング店ではなく、専門の業者に依頼されることを強くお勧めします。

 ウールパッドは、基布にウール繊維を毛布の様に織り込んだものを表地にして中綿を入れ裏地で閉じたものです。四隅に平ゴムが取り付けられたものは敷き布団にセットしやすくなっています。 最近では、ウールパッドもムートンパッドと同じように見えるものがあります。ご自分で洗えるので便利です。